年少さん
2017 / 03 / 14 ( Tue )
今日は年少さんの様子をお届けします。
一年前にはまだまだ幼さなかった子どもたち。
保育室や園庭では、それぞれに自分のやりたいことをみつけて遊ぶ姿があります。
どうぞご覧ください。

IMG_2806.jpg
友だちと一緒に絵本を楽しんでいます。

IMG_2827.jpg
小雨の一日。
保育室では折り紙がもりあがっていました。
私はハート。
私は何を折ろうかな。
僕は何枚もつなげてみるよ。

IMG_2829_20170313214729bee.jpg
牛乳パックとゴムを使ってつくった「かえる」で遊んでいます。

IMG_2836.jpg
ほら!びよーん、て飛ぶよ。

IMG_2831_20170313214730aa0.jpg
僕はコマをまわすよ。それ!
大成功!
ともだちの視線も釘付けです。

IMG_2842_20170313214735d8f.jpg
年少さんの積木です。
物語が見えてきますね。
この想像力が、年中・年長でさらに豊かに育っていきます。

IMG_2846_20170313214736d78.jpg
もうすぐ集まりの時間。
協力しながら、丁寧に並べて片付けています。

IMG_2837.jpg
ルールのあるゲームもともだちと楽しんでいます。

IMG_2848_2017031321473984b.jpg
もうすぐ年中さん。
チューリップが咲くころには、幼稚園を楽しみにしている新しい子どもたちが入園してきます。
子どもたちの成長はあっという間です。
毎日の生活を楽しんでいきたいものです。
14 : 30 : 55 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっぱり大好き
2016 / 09 / 19 ( Mon )
子どもたちは、幼稚園生活の中でさまざまな人と関わりながら成長していきます。さらに言うと、成長していくためには、たくさんの人との関わりが必要とも言えます。

しかし、その前提として、まず子どもと担任との間に信頼関係が築かれているかどうかが重要です。その時期や時間には個人差があり、1人ひとり違います。

以前、途中入園をして数日のAちゃんが園庭にいました。新しい環境にまだ不安気な様子だったAちゃんに、理事長が優しく声をかけました。Aちゃんはもじもじとしていました。理事長が「抱っこするか?」と手を広げた瞬間、Aちゃんはとっさに傍らにいた担任に手を伸ばし、ぎゅっと手をつなぎました。

理事長はAちゃんは担任を頼りにしはじめている、と判断して「ほうよなぁ、わしより〇〇さん(担任)がええよなぁ」と笑いながらその場を離れました。(理事長はAちゃんの反応を予測して、わざと「抱っこするか?」と聞いたのです。)

担任との信頼関係ができてくると、子どもは園での生活に安心し、泣いたり、話したりしながら自分の気持ちを表現できるようになります。人間関係も広がり、担任以外の職員にも信頼をよせられるようになります。そして自分が肯定的に受け入れられていると感じると、何かをしてみたい、という意欲がわき、その意欲をもとに主体的に遊び込んでいくことで成長・発達していくのです。

安心感というのは成長・発達にとって、とても大切なものなのです。大人でも緊張していると気持ちを表現できなかったり、目の前のことに集中できなかったり、しますもんね。

さて、写真は担任と手遊びをしている子どもたちの姿です。
みんなとろけるような表情をしていますね。

IMG_3587.jpg IMG_3586.jpg IMG_3585.jpg

14 : 30 : 36 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ままごと
2016 / 05 / 09 ( Mon )
この日びわ組で帰りのバスを待っていたはずのAさんが廊下にふらりとでてきました。
入園したばかりの年少さんは、まだ何がどこにあるかを把握できていなかったり、遊び方がわからなかったりして遊ぶことができず困っていることがあります。
落ち着かない様子だったので、私はAさんに声をかけ、手をつないでままごとのコーナーに行ってみました。

すると早速、お弁当を作ってくれました。彩りのよいお弁当です。
スプーンを探し、向かい合って座り、手を合わせて「いただきます」とお弁当を食べようとしたその時Aくんは「テーブルクロスがないね!」と言いました。
食べる手をとめ、テーブルクロスを探すとちょうどよいものがみつかりました。

また向かい合って座り、お弁当を食べようとすると「サラダうどんも作る!」と料理をしはじめました。
豪華なサラダうどんが完成し、その後はAくんからイメージが湧き出し次から次へ形になっていきます。

13100783_249637532056352_7585683066944682698_n.jpg

「サラダうどんをわける取り皿がいるね」

13119078_249637542056351_8371943561448776287_n.jpg

「サンドイッチを買ってきたよ」

13124872_249637538723018_2456970389756589261_n.jpg

「ちょっとまって!お味噌汁もつくらなきゃ。にんじんが入っとるよ」

13118899_249637568723015_2548924579163662117_n.jpg

「そうだ、お茶がなかった」
「ぼくにはジュースも入れようかな」
わたしにお茶を運んできてくれたとき、Aくんは鍋つかみを手にはめて「これ熱いんよ」と言いフーフーと息をふきかけています。

13138933_249637578723014_2024009576048375266_n.jpg

さて、「お弁当を作るね」というAさんの一言からはじまった遊びですが、あれよあれよという間に賑やかな食卓になりました。
この間わたしは座って相づちをうち、イメージに足りないものを探すのを少しだけ手伝った程度です。
大人がこうしましょう、ああしましょうと先回りして遊びを提案したり、誘導しなくても、子どもには自ら遊びを広げていく力があります。Aさんのままごと遊びは実に豊かなものでした。

13164289_249637612056344_2223619471826010992_n.jpg

このあと、わたしはごちそうさまを言いその場を離れましたがAさんの遊びはまだまだ続いています。
エプロンをして、おたまを手にとっています。
遠目でAさんを見ながら、何ができているのかなと私も想像することを楽しみました。
14 : 15 : 43 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
信頼関係
2016 / 05 / 05 ( Thu )

新学期の集まりの様子です。
大きい組は、円になって集まりをしますが、年少は保育者と子どもが対面して集まります。

13177464_249639805389458_6629728974737710215_n.jpg
13177568_249639802056125_3036519692267800418_n.jpg

年少さんはまず、保育者と子どもの一対一の信頼関係を築いていくことが大切です。
対面して座り、子どもたち一人一人が自分に担任が向かい合ってくれていると感じることで、集まりを通じて担任への親しみを増していきます。

13178724_249639798722792_5860950546226311854_n.jpg

おやつを渡す時も一人一人名前を呼びながら声をかけ会話をしていきます。

13173871_249639835389455_3654119511723738746_n.jpg

このような積み重ねを大切にすることによって、担任を信頼し、幼稚園に安心し、子どもたちはやりたい遊びに向かえるのです。

「新生活に慣れる」という言葉をよく聞きますが、園での生活にただ慣れるだけではなく、子どもたちには安心していられる場所になった上で慣れてほしいと思っています。
22 : 48 : 20 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
集まり 2
2016 / 02 / 26 ( Fri )
昨日に引き続き、年少さんの集まりの様子です。

穏やかにすすんだゲームの後は、さらに静かなゲームです。
木製の箱の中に小さな音のする鈴が入っています。
赤、青、黄と色ごとに音色が違います。

担任が二つを手にとり、選んだ子の右耳と左耳のそばで優しく音を鳴らし
「同じ音がするか」「違う音がするか」を当てるゲームです。

IMG_1265.jpg
IMG_1268.jpg
IMG_1270.jpg

みんな集中して静かに聞き入っています。
とても小さい音なので、選ばれた子以外の子どもたちも静かにしていないと鈴の音がかきけされてしまうからです。
今どういう状況で、自分はどうふるまうのかを子どもたちなりにしっかりと考えて行動していますね。

大人が「ああしなさい、こうしましょう」と教え込み、指示して子どもを管理することは簡単です。一見、集団としてとてもまとまっているように見えます。
ですが、若草幼稚園では日頃から一環して、子どもの意思や主体性を大切にし、子どもたちが自ら知的に考え行動できるよう保育をしています。もちろん子どもたちにとって、園生活が楽しいことが大前提です。

この日はこの後、手遊びをし、絵本を読んで、お弁当の時間になりました。
明日は年長さんの集まりの様子を載せたいと思います。

IMG_1259.jpg
IMG_1258.jpg
14 : 27 : 23 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
集まり 1
2016 / 02 / 25 ( Thu )

若草幼稚園の“集まり”はとてもおもしろいです。
今日から三日に分けて集まりの様子を紹介します。
まずは年少さんの集まりの様子です。

IMG_1240.jpg

まず、「何が変わったか」というゲームです。
担任が一人の子(Aちゃん)を選び、クラスのみんなによく見てもらいます。
そしてみんなが目をつぶっている間に、Aちゃんの服の袖を捲ります。
目を開け、変化に気付いた子どもたちは答えたいあまりに担任のまわりに一斉に集まります。

IMG_1248.jpg

この様子を、みなさんはどのように捉えますか?
盛り上がって楽しそう?元気がいい?でしょうか。

若草幼稚園では、ここで担任は「みんなが一斉に話すと聞こえないよ」「そんなに大きいな声で言わなくても伝わるよ」と、穏やかに声をかけます。

IMG_1246.jpg

さて、ゲームがもう一度はじまりました。
担任がBくんのどこかを変え、他の子どもたちが答える番です。
先ほどとは違い、子どもたちは自分の椅子で手をあげています。
子どもたちが「どうすれば、誰かが答える声が聞こえるのか」を考え、行動が変化した様子が見てとれます。

IMG_1253.jpg

何度か繰り返し、まわりの状況を考えながらも穏やかにゲームを楽しめるようになりました。

この続きは明日の記事で載せようと思います。
21 : 48 : 03 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ