スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シーグラス
2016 / 09 / 30 ( Fri )
シーグラスを使ってAさんとBさんが何かをつくっていました。
Aさんはしきりに下から覗いています。

IMG_3735.jpg

気になって、わたしも見せてもらったのですが、シーグラスがぼんやりと光に透けてとてもきれいでした。
想像していなかった、滲むような光の美しさに鳥肌がたちました。

IMG_3738.jpg

IMG_3737.jpg

Bさんは飛行船を作り終えて、乾かしているところでした。
完成を心待ちにしています。
スポンサーサイト
14 : 30 : 00 | 年長 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「くにこさんの絵本の会」
2016 / 09 / 29 ( Thu )
「くにこさんの絵本の会」

台風も過ぎ、また一段と秋が近づいてきますね。園庭にどんぐりがたくさん落ちています。今回の「絵本の会」は秋の夜長にぴったりな絵本やお月さまの絵本のお話を邦子さんがしてくださいます。10時30分から12時を予定しています。その後も降園時間まで絵本を選んだり、お弁当を食べたりしてゆっくり過ごす事もできます。是非お気軽においで下さい。

日時:9月30日(金)10:30~
場所:3階ホール
若草幼稚園 流水邦子
協賛 ぐりぐらの会

IMG_2051.jpg
IMG_2050.jpg
IMG_2076.jpg
IMG_2084.jpg
19 : 37 : 30 |  お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
主体的に考え、動く
2016 / 09 / 27 ( Tue )
天気のよい日は園庭での遊びが盛り上がります。
道具を使えば、片付けももれなくついてきます。

この日も、子どもたちは自分で使ったものや、自分は使ってないけど片付けられてないものをみつけては片付けて、集まりへと向かっていました。

IMG_3492.jpg

保育者と一緒に片付けをする楽しさ。
おもちゃってどこにしまうんだったかな?
タイヤって重いな。どうやって運んだら楽かな?
友だちが手間取ってるけど、大丈夫かな?
子どもたちは、片付けひとつにいろんなことを感じ、自分で考え、行動しているのです。

IMG_3494.jpg IMG_3496.jpg

保育とは、みんなで歌をうたったり、特別に何かをすることだけをさすのではありません。
今日は片付けについて書きましたが、朝、登園してから帰るまでの子どものすべての活動=園での生活すべてなのです。

IMG_3490.jpg

さて、最後の写真は。。。
集まりの時間間際にやりたいことを思い出したAさんが「まだ間に合うかも!」と独り言を言いながら階段をおりていたところ、片付けを終えた友だち3人が階段を上ってきました。
3人に「どこ行きよるん?もう集まりはじまるよ」と声をかけられたAさんが「あーーー、やっぱり間に合わんか。後にしよ」と気持ちを切り替え、保育室へと戻っていっているところです。

子どもたちどうしで意識して声をかけ合う姿はとても頼もしく、私が「集まりはじまるよ」と、口を出す隙もありませんでした。
14 : 30 : 14 | 全学年 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年長さんと年少さん
2016 / 09 / 25 ( Sun )
雨が上がると、子どもたちは待ってました!とばかりに園庭へ向かいます。
今日は年長のAさんを中心に、鉄棒が盛り上がっていました。
ごゆっくり写真をご覧ください。

IMG_3938.jpg

手始めに前回りです。
でもAさんは中々おりません。腹筋と腕をつかって、起き上がりこぼしのようにいったりきたりしています。
徐々にギャラリーが増えてきました。

IMG_3940.jpg

ぼくもできるよ!と友だちがやってきました。

IMG_3942.jpg

今度は地獄まわりです。
年少さんが集まってきました。

IMG_3943.jpg

お次は、新技「こうもり」

IMG_3944.jpg

見事成功です。

IMG_3946.jpg

見ていた年少さんがAさんに憧れて、一斉に真似をしはじめました。
順番を守りながら、練習していくと、鉄棒の上に腰掛けられるようになりました。
自信がついた、年少さんです。

IMG_3947.jpg

最後はこのまま端から端まで横移動です。

ちなみに、わたしは逆上がりができないまま大人になってしまいました。
私も、鉄棒ができる人に憧れを持っている一人です。

14 : 30 : 58 | 園庭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
共感する
2016 / 09 / 22 ( Thu )
13445223_275881562765282_4611647271581354794_n.jpg

台風も行き過ぎ、暑さの中にも爽やかな風を感じます。

風がふくと時々思い出すエピソードがあります。
四年ほど前でしょうか、私は園庭のベンチに1人で座っていました。
すると年少の女の子がやってきて隣に座りました。

けれど何を話すわけでもありません。
私たちはしばらく”ぼー”っとしていました。

しばらくして、穏やかだった園庭にピューーーっと大きな風がふき過ぎました。
大きな木の葉っぱがざわざわと揺れます。
女の子は空を見上げて「わぁ、風が気持ちいい」と声をあげました。
私も「気持ちいいね」と返事をして、二人ともまた黙りました。

揺れる木々の隙間から澄んだ青空が見えました。
とても心地よい時間でした。
14 : 30 : 52 | 園庭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっぱり大好き
2016 / 09 / 19 ( Mon )
子どもたちは、幼稚園生活の中でさまざまな人と関わりながら成長していきます。さらに言うと、成長していくためには、たくさんの人との関わりが必要とも言えます。

しかし、その前提として、まず子どもと担任との間に信頼関係が築かれているかどうかが重要です。その時期や時間には個人差があり、1人ひとり違います。

以前、途中入園をして数日のAちゃんが園庭にいました。新しい環境にまだ不安気な様子だったAちゃんに、理事長が優しく声をかけました。Aちゃんはもじもじとしていました。理事長が「抱っこするか?」と手を広げた瞬間、Aちゃんはとっさに傍らにいた担任に手を伸ばし、ぎゅっと手をつなぎました。

理事長はAちゃんは担任を頼りにしはじめている、と判断して「ほうよなぁ、わしより〇〇さん(担任)がええよなぁ」と笑いながらその場を離れました。(理事長はAちゃんの反応を予測して、わざと「抱っこするか?」と聞いたのです。)

担任との信頼関係ができてくると、子どもは園での生活に安心し、泣いたり、話したりしながら自分の気持ちを表現できるようになります。人間関係も広がり、担任以外の職員にも信頼をよせられるようになります。そして自分が肯定的に受け入れられていると感じると、何かをしてみたい、という意欲がわき、その意欲をもとに主体的に遊び込んでいくことで成長・発達していくのです。

安心感というのは成長・発達にとって、とても大切なものなのです。大人でも緊張していると気持ちを表現できなかったり、目の前のことに集中できなかったり、しますもんね。

さて、写真は担任と手遊びをしている子どもたちの姿です。
みんなとろけるような表情をしていますね。

IMG_3587.jpg IMG_3586.jpg IMG_3585.jpg

14 : 30 : 36 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。