子どもを認める
2016 / 05 / 12 ( Thu )
今回は「子どもを認める」というテーマの記事を転載します。
bit掲載、第一回目より。

13102881_252841028402669_9044194783078597385_n.jpg


-----------------------------------------------------

一回目の今回は若草幼稚園では子どもたちにどうなってほしいと考えているのか、ということを書いておこうと思います。幼稚園でこうなってほしいと思っていることはたくさんあるのですが、そのうちのいくつかを書き出してみます。

「自己肯定できる子ども」
子どもというのはあるがままの姿でそこにいてもいい存在です。そのことをまず子どもたちにわかってもらうのですが、そのためにまず「そのままでいいよ」と伝え続け、受け止めることをします。子どもにそれが伝わり、「ここにいてもいいんだ」と子どもが納得すると安心してくれます。そして将来自分がそのままでいていいんだという自己肯定につながっていくのです。そして安心して園にいられるようになってくると情緒が安定し落ち着いて遊んだり園で生活をしたりできるようになってくるのです。

「自立した子ども」
そして安定した子どもたちが幼稚園で生活していくのですが、園における子どもの生活は遊びそのものだと考えているので、園の中には遊びがとにかくたくさん用意してあります。子どもたちはその日その日何をして遊びたいか何をして過ごしたいのか自分たちで選択(2つ3つしかないものの中から選ぶのは選択とはいいません)をしていくのです。そして何をしたくて何をしたくないのか、何が好きで何が嫌いなのか、毎日の生活を自分で選択し決めていく中でわかってもらいたいのです。それが自立につながっていきます。

「うまく折り合って生活していける」
子どもたちは全員が幼稚園に自由を持ってやってきます。園で生活していくうちにそれぞれの自由さがぶつかってトラブルになったりやりたいことができなかったりすることがあります。しかし、ある時は自分が折れたり、ある時はどうしても通したり、うまくやっていかないと園生活は成り立っていかないのです。その時々で折り合いをつけるため友だちと話し合ったり我慢をしたりするのです。園生活でそういった経験を繰り返しすることにより人間関係をうまく身につけていきます。

-------------------------------------------------------------

流水元気
bit (松山のフリーペーパー)より
16 : 52 : 15 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<母の日 | ホーム | ままごと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wakakusakindergarten.blog119.fc2.com/tb.php/202-50c5adf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |