母の友 6月号
2016 / 05 / 31 ( Tue )
6月の「母の友」の特集は”育児ストレス!”がテーマです。
興味深く読みました。
いつもは園での子どもたちの様子を載せたり、保育を語っていますが、今回は保育ではなく子育ての視点から書こうと思います。

000_20160517161849312.jpg

育児は、喜びや楽しみもたくさんですが、大変なことも多い!です。
子育ての孤立や情報過多による産後鬱や、夫婦間の問題、子どもへの虐待などのニュースもあちらこちらで目や耳にします。
大きな社会問題にこそならなくても、日々成長する子どもを前に自身の子育てに悩んだり、不安になったり、自身の子育てを反省したりの繰り返しではないでしょうか。
おおらかに子育てができている!私の育児、完璧!と自負しているお母さんってどのくらいいるのでしょう。

私自身もはじめての子育てで、やさしい母親でいたいのにできない!と悩んだり、どうすればいいのか途方にくれたりすることがあります。
ある時、泣き叫び続ける我が子にヒステリーを起こした後のこと、
「私って母親失格ですね」と泣きながら園長にこぼしたことがあります。

その時、園長は少し笑みを浮かべて
「母親失格やのいうんはないけん、そんなこと考えんでええ」

「命を守るゆうだけで、十分大変なんやけん」

「保育と子育てとは違ってあたりまえなんやけん、怒ったり時にはヒステリー起こしてもかまんのよ」

「子どもゆうんは大人よりすごいんやけん、真剣に謝ったら必ず許してくれるもんよ」

「一人で抱えこまず人と話すことが大切よなあ」
と話してくれました。

本当にその通りです。
どんなに私がヒステリーを起こしても、母親であることには変わらず、心から謝れば子どもは許してくれます。
そして、この時から私はささいなことでも恥ずかしがらず「今、しんどい」とか「どうしたらいいかわからん」と家族や友人に話をするようになりました。
母親だって「しんどいよなあ」「それでいいんよ」「よくやってるね」と誰かに受け入れてもらったり、共感してもらいたいのです。
そして、時にはただ受け入れてもらうだけでなく、正しい情報を取り入れることが悩みを良い方へ向かわせてくれることがあります。

幼稚園では月に一度、”園長と語るの会”を開いています。
ざっくばらんに、そして真面目に園長と語らう場です。
もやもやを言葉にしてみませんか?言葉にしなくても、まわりのお母さんと園長の話を聞くだけでも大丈夫ですよ。
小さい子どもさんが過ごすスペースもありますし、卒園児のお母さんも参加されています。
日程は随時幼稚園のHPの伝言板にてお知らせします。

※最後に母の友P66~”ほいくのゆくえ こどもに必要な「教育」って何?”もおもしろかったので、機会があれば読んでみてください。

0000_20160517161848669.jpg
14 : 17 : 33 |  お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乳幼児の会 | ホーム | 園庭の子どもたち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wakakusakindergarten.blog119.fc2.com/tb.php/204-590e0f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |