「歌があふれる園」
2016 / 11 / 16 ( Wed )
若草幼稚園ではわらべうたや季節の歌を中心に、たくさんの歌をうたったり手遊びをして音楽に親しみます。
また、歌だけでなく日常にあふれるさまざまな音に耳を傾けながら、生活音を知り、音のおもしろさや音楽の楽しさ・美しさを感じられるように保育をしています。

集まりや行事で歌をうたうだけでなく、園のいろんなところに心地よい音や歌があふれる幼稚園でありたいと思います。

写真一枚一枚にコメントをしていますので、ごゆっくりご覧ください。

1_20161114222930178.jpg

年少さんです。
3歳、4歳に(もっというと、赤ちゃんのころから)たくさんの歌に親しんでいると、5歳でぐんと歌う力が育ちます。
3歳はまだまだ声帯も発達の途中なので、上手に歌うことよりも歌の楽しさを感じてほしいと思っています。

2_20161114222932a02.jpg

お手玉を使って「あんたがたどこさ」を歌っています。
「さ」の音の時に、となりの友だちへお手玉をおくります。
写真は歌の最後の「ちょいとおかぶせ」の瞬間です。

3_20161114222933ce8.jpg

年中さんです。
「げっくりがっくり」を歌っています。
まず、歌をうたって、次に手拍子をつけてリズムをとってみます。

4_2016111422293541c.jpg

「いっちくたっちく」です。
指を使って遊びます。
自分で楽しめるようになるまで、担任と自分の指先を見比べながら繰り返し集中してやってみます。

5_20161114222936726.jpg

メロンパンの手遊びです。

6_20161114222947cb2.jpg

年長さんになると、ずいぶん長い歌も歌えるようになります。
それから、歌詞の意味も感じながら歌うことができるようにもなります。
この日は「ともだちになるために」という曲を歌っていました。

7_20161114222949783.jpg

園庭での遊びの中でも、子どもたちはいろいろなわらべうたに親しんでいます。

8_20161114222951f2e.jpg

ふと、園庭のどこからかやさしい歌声が聞こえてきたので音をたぐってみると、友だちと砂遊びをしている子どもたちが歌っていました。

9_20161114222953827.jpg

バス待ちの時間に、担任と手遊び歌をしています。

99.jpg

♪アルプス一万尺
14 : 30 : 03 | 遊び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明日はわかくさまつり | ホーム | 乳幼児の会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wakakusakindergarten.blog119.fc2.com/tb.php/241-ad48d1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |